Astrology

自然を感じる


占星学の起源は、メソポタミア地方を発祥とし、
天体を観測を行うことで暦を作り、文明の発達と成長に貢献してきました。
医学の祖と呼ばれ、四体液質を唱えた古代ギリシアのヒポクラテスは、
占星学とヒーリングの関係を結びつけ「医師たる者占星学を解さない者は愚かである」と提唱しています。
17世紀においては、占星家でもあるハーバリストのニコラス・カルペッパーが、
デカンビチュア(病臥図)チャートを用いてクライアントをリーディングし、薬草を処方していました。
歴史を紐解いてゆけば、天文学-占星学-医学は密接に結びついていたことが解り、
現在の欧米では、アロマセラピーは、医学の場でオルタナティブメディスン(代替医療)としても定着しています。
植物を用いた治癒療法は、月相を動物の骨に刻んでいた何千年も前から、脈々と受け継がれているのです。